黒川温泉入湯手形の使用法及び入浴方法について(?)

 

あ、タイトルがカタイ笑。

黒川温泉と言えば「入湯手形」

「入湯手形」と言えば黒川温泉

ってな具合で語られることも多いですが

どーーーーーーーーも、きちんと案内できていない気がするのは私だけでしょうか??

だから今更ですがご案内したい!

知ってる人にも知らない人にも

まず、手形の前に

1ヵ所500円で入れる事を主張したいです。

手形でしか入れないと思っている人が案外と多いのです

入湯手形があまりにも有名な為に地味になっているのですが

*時間が無くて3カ所はムリ

*小さい子供がいるからそんなに入れない

*入浴可能時間ギリギリだ

などなど…

そんな方は500円で1ヵ所、

「ここだ!」って旅館を選んでのんびり入って下さい!

そして気に入ってもらえたら次回は手形をぶら下げて楽しんでもらいたいです♪

さてさて入湯手形、

500円×3カ所=1500円

でも手形は1枚1200円!

わぉ!300円安い!笑

しかも半年間の有効期限ですのでいっぺんに入らなくてもまた次回。

「また連れて来てね(*'ω'*)♪」ってデートの約束をすることも可能!

で、この3カ所をまんべんなくどう楽しむか?

黒川温泉は中心部にギュッと旅館が集まっていて

中心を囲むように大きな敷地を持つ旅館が点在しています。

 1. 中心部付近は「こじんまり」系の風情あるお風呂が多くあります。

 2. 中心部から少し外れると「ゆったり」系の広々お風呂が多いです。

 3. そしてよくメディアに登場する有名なお風呂もあります。

上記の3つからひとつずつチョイスするのがベストではないでしょうか?

黒川温泉全体をまんべんなく巡れますし「カブリ」が無いのですんなり楽しめます。

ご宿泊のお客様は2をチェックアウト後にするといいですよ~

そのまま次の目的地へ!と効率もいいですので!

どちらにしろ一気に3カ所ってのはオススメしてません

お風呂巡りから旅館に戻って来て

「…食事いらないのでお布団敷いて下さい…。」と言われるお客様もいらっしゃるんです

湯当りです。

普通のお風呂ではないんです、温泉は体に成分がたくさん入るのでとっても疲れてしまうのです

余裕を持って出掛ける、残ったらまた今度。それが鉄則です!

↑↑無関係なくまモン

そして、男性も女性もモラルを守って各施設をご利用下さい

点検や清掃は行っておりますが、基本はやっぱり

「次の人のことを考えて」と小学生の時に教わったアレです(*ノε`*)

あと、必ず忘れ物の確認をする!

入湯手形の人も1ヵ所の人も同じです、

お財布とは連絡が取れません!

ウチの旅館でも何の被害にも遭っていないお財布がまるごと出てきます

盗った盗られたよりも自分が忘れる事の方が多いようです∑(-∀-ノ)ノ

さぁ!温泉を楽しむには絶好の季節です、みなさん楽しんでお出掛けくださぁ~~~い!!